2023年の通販可能カレンダー発売中!★12月18日(日)譲渡会開催★下関市一の宮近辺で犬が迷子になっています。詳細はココをクリック

むーんちゃん

Y様より。


ご無沙汰しています。日々の活動、ご苦労様です。

2013年12月15日にお見合い会で譲渡して頂いた『むーん』
5月12日16:05
享年8歳6ヶ月で旅立ちました。




1歳時、避妊手術時の検査で腎臓数値が少し高いと指摘されて、食事療法で経過観察をしていました。
この2年は2種類の投薬治療も始まり、徐々に薬も増えていきました。

食べることが大好きで、散歩が嫌いなむーんはどうしても肥満になってしまい、毎日の家族の散歩 +週一のシッターさん長距離散歩(2年前から)で徐々に体重も減っていきました。

4月頃から食欲が落ち、中旬頃には療法食を口にしなくなって…検査で末期の腎不全で余命宣告をされていました。
通院と在宅点滴・薬剤投与、手作り食事で生活していました。

8日明け方急変して検査…
最期の5日間は病院に駆け込む日々と痙攣発作の連続。薬がなかなか効かなくて苦しい思いをさせてしまったかと。
嫌いな病院で逝かせたくなくて、自宅の大好きなリビングで息をひき取りました。

4ヶ月毎の検査でもそれなりに維持できていて…念のためセカンドオピニオンもしていました。
あまりに突然に急変してしまって…

親バカですが、宅配便や訪ねてくる方にも可愛いがってもらえるとてもいい子でした。


先住猫のめいの相棒でもあり、あとから家族になったニャンズ5匹の保母さんでもあり…
大きな存在の喪失感…


我が家にむーんとの縁を繋いで頂き、ケダマの会さんに感謝しています。




むーんちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。