3月譲渡会中止、カレンダー通信販売、迷子のお知らせはココをクリック。

オリーブちゃんについて

オリーブちゃんについて

まず、多くの皆様がご心配や疑問をもたれるなか、
ご報告に時間がかかりましたことお詫び致します。
多数のお問い合わせを頂いておりますので 関係各所に
問い合わせや確認を行い、当会が保護した経緯や把握して
おりますことをご報告をさせて頂きます。

・保護経緯・経過など
事件発生後、市からの相談を受け、当会がオリーブちゃんを
お預かりすることに決定。
しかし当会ではシェルターなど特別な保護施設を持っていないこと、
殺人事件であることとオリーブちゃんの今後の安全等を考慮し
近県の団体様へ受け入れをお願いさせていただきました。

事件発生後から市の方がお迎えに行かれるまでの間、
警察の方がフードや水を与えておられたと聞いております。

7月25日、現場には立ち入り不可の為、市職員の方がオリーブちゃんを
お迎えに行かれました。

※ 現場からの搬送をケージではなくリードで行えなかったのか、
というご指摘がありましたが、車での移動の為安全を考慮して
行われたのだと思われます。

引き渡し後、動物病院へ受診致しました。

【その時の受診結果等】
市の登録・狂犬病接種  共に不明 (個人情報の為とのこと)
雄、35キロ、推定8歳、背中に複数の腫瘍あり(落ち着いてから後日詳しく診察する予定でした)
停留睾丸← 飼い主が「いずれ手術しなくてはいけない」と話していたという
情報をいただきましたが、かかりつけ病院は現在不明です。           
ノミ・ダニがいたためフロントラインを投与
フィラリア検査  陰性
血液検査  数値異常なし

受診後、受け入れを了承して下さった団体様へ託しました。
受け入れをしてくださった団体様は保護施設に常駐スタッフもおられます。
また移動当日であるということから、オリーブちゃんはスタッフ様の自宅で
常に目が行き届き、部外者が立ち入らない場所で保護されておりました。
室内で冷房完備、ゲージは使用しておりません。
保護先では食欲もあり落ち着いた様子で、仲良くなった犬と一緒に
過ごしていたと聞いております。

・オリーブちゃんの遺体について
死亡診断書は受け入れて下さった団体様より当会に渡され、
当会より市に提出済み。
火葬されており、お骨は市と相談のうえ当会がお預かりしております。
いずれは飼い主の元にお返しできればと思っております。

・2匹目の犬について
市からのご相談を頂いた際に犬は2匹いると伺いましたが
多くの情報が錯綜する中、現在も正確な情報が入っておりません。
情報が入り次第ご報告させて頂きます。

・「オリーブからの贈り物」 の記事について
当会、または当会の関係者とは全く関係ありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この度はこのような非常に悲しい結果になってしまったことに
多くの方々からのご指摘、ご質問、お叱りを頂きました。
それだけ多くの方がオリーブちゃんのことを心配して下さっていたと
当会でも真摯に受け止めさせていただきます。
今後も皆様のお問い合わせにお答えできるよう、お時間は頂きますが
出来る限りのご報告をさせていただきます。
また、当会に励ましやご支援を下さった方々に深く感謝致しますとともに
今後も飼い主様を必要としている多くの犬猫のため活動させていただきます
のでよろしくお願い致します。

・ゲストブックについて
当会で里親様・ご支援下さった方が利用される場所です。
申し訳ありませんが、それ以外の投稿は今までのも今後のも削除させて
頂きます。  ご質問等は「お問い合わせフォーム」の方にお願い致します。