2月18日,3月10日,3月24日(日)譲渡会開催★譲渡会や、近隣の迷子情報はココをクリック★2024年オリジナルカレンダー発売開中

ころちゃんの飼い主様日記

ころの飼い主日記

タイトル:恐怖の犬(笑)

ケダマの会のみなさま

お元気のことと思います!

ころです・・・ではなく、今回は飼い主です(笑)

<写真1>

ころ「この日記はいつも私が書いているのに・・・」
飼い主「いいから、おまえは寝てなさい。今回は飼い主日記なのだ!」

<写真2>

朝の散歩はいつも海辺なので、たまには山登りしようか。
町内にあるハイキングコースに行ってきました。
ころには初めての場所。
ハイカーのあとについて、ずっとニコニコ顔でした。

<写真3>

標高ざっと120メートルの低い山ですが、この急な坂道。
普段から運動不足の飼い主にはキツイ登りです。
ころはひょいひょい駆け上がり、うしろから来る人をチラ見する余裕も。

<写真4>

20分ほどで山頂に到着〜!
ころ、ちょっと待て、息が切れた。ぜいぜい。
ひと休みだ〜!

<写真5>

ころ「いい眺めね。風も気持ちがいいわ〜」
飼い主「体力の限界だ〜(ぜいぜい) さて、引き返そうぜ〜」

<写真6>

ころ「え? まだ道は続いてるわよ」
実はこのハイキングコースは全長が3キロあって、この山頂がスタート地点。
この先は高低差がある坂道が延々と続きます。
ここはなんとか、ころを説得してUターンしたいところです。

<写真7>

ころ「じゃ、行きましょうか」
飼い主「そ、そ、そっちは山道3キロコースだぞ」
ころ「へーき、へーき」
飼い主「急な登り坂があるぞ。オバケが出るぞ。こわいぞ」
ころ「へーき、へーき」

<写真8>

どんどん先を歩く犬につきあって、汗はダラダラ、足はガクガク、息はハアハア。
手も震えているので、撮った写真もブレています。
でも、ハイキングコースも間もなく終点です。
ゴールまで、あとちょっと。
よかった〜!(笑) 
住宅地が近い気配を察知して、立ち止まったころが・・・恐怖の一言!

<写真9>

ころ「そろそろ山道も終わりね。じゃ、スタート地点へ引き返しましょうか?」
リードをぐいぐい引っ張って、
飼い主「引き返さなーい。戻らなーい。このまま里に下りる!」
しぶしぶ従う飼い犬でした(笑)

<写真10>

帰宅して、しばらくヘタっていた飼い主。
その隣で、ケロッと涼しい顔をしている飼い犬。
飼い主「おまえ、ころじゃなくて、ケロって名前にしようか」
ころ「お腹が減ったわね〜」

なんとか生還した飼い主でした(笑)